山上地区の名所

 関根小学校は山上地区関根に明治8年6月に設立された小学校です。
 関根小学校周辺の名所をご紹介します。

普門院

普門院

普門院は関根小学校の西側にある、上杉鷹山公が出迎えられた細井平洲先生としばらく歓談されたり、別れの際に杯を交わされた所です。
「普門院」のホームページはこちらへ

羽黒神社

羽黒神社

羽黒神社は関根小の西、普門院の北にある、上杉鷹山公が細井平洲先生を出迎えられた所です。
 山上地区一帯の鎮守として、古くから信仰厚い神社です。社殿は文化財としての価値も高い木造建築です。羽黒神社は、806年【平安時代】に、羽黒大権現として、大窪沢山頂に建設されました。現在地に移転したのは、1238年の事です。1738年には、一度焼失しており、再建されて、今のようになりました。  羽黒大権現は1872年、大物忌神社と称されるようになった後、1932年に、今の名前、羽黒神社と改称されました。そして、国指定遺跡(上杉鷹山公敬師の里送迎の史跡)となったのは1935年の事です。

関根大滝

関根大滝

湯ノ沢温泉『すみれ』の横を入り、しばらくいくと、『滝不動』の看板があり、沢筋の道を登るとあります。地元の人々が古来滝不動として手厚く信仰してきた場所です。滝の中ほどには不動尊像があります。関根の誇れる美しい自然の一つです。

山上の大桑

山上の大桑

大字三沢字北畑(米沢市関根地区)にあって、昭和27年に県の天然記念物に指定されました。根周り4.7m、胸高幹周4.2m、最大直径1.7m、高さは9mです。以前はさらに巨大なものであったらしく根本に枯れた株が残っています。これを含めると根周りは5.5mになるそうです。