関根小出身の偉人

皆川投手パネル写真

校長室前に飾られた皆川氏を讃えるパネル

皆川睦夫氏

 皆川睦夫さんは昭和10年7月に関根に生まれました。
 昭和26年県立米沢西高(現在の興譲館高校)に入学野球部のエースとして活躍しました。
 昭和29年高校卒業とともに南海ホークス(現ソフトバンクホークス)に入団し昭和46年までの18年間に221勝をあげました。また、昭和43年には年間31勝をあげ、最多勝のタイトルを獲得、同年は防御率1.61で最優秀防御率も獲得しました。この数字は現在の先発・中継ぎ・抑えの分業制では考えられない勝ち星で、「最後の30勝投手」となっています。
  (平成17年2月6日ご逝去 享年69歳)

  2005年 米沢市市民栄誉賞を受賞
  2006年 山形県県民栄誉賞を受賞
  同年米沢市営野球場(上杉スタジアム)
     の愛称が「皆川球場」に改称
  2011年度野球体育博物館
    (野球殿堂)競技者表彰
     (エキスパート部門)に選出